家庭用脱毛器の種類

これまで、脱毛サロンや医療脱毛と家庭用脱毛器についてお話してきました。
私が興味をもっているのは「ケノン」であることをお伝えしましたが、家庭用脱毛器はケノンだけではありません。
他にもいくつかの家庭用脱毛器が販売されています。

そこで、どういった種類があり、その違いはどんなことなのかという点について少し書いていきます。

  • 素直に毛を抜くタイプの脱毛器…最近あまりCMを見ませんが、このタイプの脱毛器は価格が比較的安く、私も1つ持っています。
    ただし、あくまでも抜くだけですので、その後しばらくするとまたすぐに生えてきます。
    カミソリで剃るよりはキレイになりますが、毛が太くなった気がしました。
    また、引っ張って毛を抜くため痛みも強めです。
  • サロンのように光(フラッシュ)を当てる脱毛器…これは、本当にエステや脱毛サロンで使用しているフラッシュ脱毛と同じような原理です。
    毛根に光でダメージを与えて、毛が抜けるようにし、その後毛が生えてきてもだんだん産毛になっていくようなイメージです。
    脱毛完了までに時間がかかりますが、痛みも少なく、キレイに仕上がります。
    キャンペーン等で安くなる場合もありますが、脱毛器の金額は7~10万円程度です。
    ちなみに、ケノンはここに分類されます。
  • レーザー脱毛…こちらも家庭用の脱毛器が販売されています。
    医療機関と比べると威力が衰えますが、その分価格もフラッシュ脱毛器の半分程度です。
    このタイプは、皮膚にレーザーを照射して毛根にダメージを与えていく脱毛方式になりますが、フラッシュ脱毛より威力が高いため、慣れないうちは注意が必要です。
    ほくろ、しみなどにも反応しますので、リスクは高めかと思います。
  • サーミコン方式…これは、以前テレビ通販でよく見かけました。
    熱によって毛を焼くという方式の脱毛方法になります。一時流行りましたが、効果はやはりレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の方が感じられるようで、今はあまり見かけなくなりました。ただし、自己処理をカミソリで行っている人は、カミソリよりはこの脱毛器の方がまだ肌にはよいという意見もあります。

家庭用脱毛器も本当にこれだけ進化したのか!と思うほど、しっかりとした商品があるなと驚かされます。
皆さんそれぞれ、自分に合った商品を選ぶとよいと思いますが、私はサロンからの切り替えなので、やっぱりフラッシュタイプの脱毛器が欲しいと思っています。

主人にまだ話をしていないので、はやく相談して買って欲しいな~と思いつつ、眠たくなってきたので休むことにします。